この本読んどく?

オススメの小説や書籍、簡単料理のアレンジレシピまで幅広く紹介!

タグ:お役立ち

elly20160701030820_TP_V
書店をふらふら歩いていると、偶然思わぬ発見をすることがある。その本が当たりであれば得した気分にもなれるものだ。

今回紹介したい本はそんな偶然から発見した本「毒草大百科」である。名前からして怪しげな本を今日は見てみようと思う。




目次

  1. 「人を死に至らしめる植物」
  2. 「人を狂わせる植物」
  3. 「人を苦しめる植物」
  4. 「個性的な毒を持つ植物」
  5. 「毒草栽培のための知識と設備」
  6. 「毒草を利用する」
  7. オススメ度

「人を死に至らしめる植物」

内容に入る前にまず帯を見て欲しい。
そこには「毒草の入手法、栽培法、利用法―全ての毒草を写真や図で解説―」とあるのだ。これを見て買わずにいられるだろうか? おバカ本なのか、至極真っ当な本なのか? というか、「利用法」ってなんだよ、と(しかしながらミステリーの創作には使えるかもしれないが)思わず突っ込みが入る。

この本は6章構成となっている。それぞれの章から気になったものを一、二個抜き出してみようと思う。

「彼岸花」
個人的には日本で一番人を殺害した植物なのではないかと思っているこの彼岸花。秋になると美しい花を咲かせるこの植物、実は毒がある。しかしながら日本では飢饉の際の非常食として用いられていた歴史があるのだ。いわば最後の砦である。含まれる毒の多くが水溶性のため念入りに下ごしらえをすれば食べられないことはないのだが、十分でなかったりなどで死に到るケースが多かったようだ。

さて本書での見どころはやはり「入手方法と栽培方法」だ。これが面白い。
入手方法は園芸店での購入である。そう、買えてしまうのである。「8~9月は赤い花の品種なら球根三つで600円前後」と値段まで教えてくれているあたり非常に親切である。しかも「白やピンクなどの珍しい色の場合は1球で500円となる」となるらしく、値段は高いが奥井氏はこちらをオススメしている(ん?なんの本だっけ?)ちなみに採取する場合は5月に球根を痛めないように採取するのがベストらしい。

栽培方法はというとなんと丈夫なので栽培は簡単とのこと。そう、素人でも簡単に栽培できてしまうのである。さらに鉢替えのタイミングや栽培のポイント、肥料の有無なども詳しく説明されており大変心強い。

ちなみに中毒症状は嘔吐・悪心・下痢・脱水ショックなどである。

「人を狂わせる植物」

「ベニテングタケ」
この「人を狂わせる植物」の章は大変面白い章で、ヤバさもMAXなのだが、比較的内容が安全であったこちらを見てみよう。
「毒キノコ」と言えばやはりこの「ベニテングタケ」か「カエンタケ」を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。見た目が「あのスーパーキノコ」にそっくりである。またディズニーの映画などにもこの赤と白の可愛らしいキノコはしばしば登場している。

入手方法は残念だが店舗に置かれることはないかつ、今回はキノコというだけあり個人での栽培は難しいので自然の恵みを待つのがベストとのこと。しかし、自生地で有名な場所を掲載してくれている。
またこれは有名な話でもあるが、毒キノコは旨味成分を多く含むものが多い。そしてこの「ベニテングタケ」も例外ではなくグルタミン酸の20倍の旨味成分を持つイボテン酸が含まれている但し毒物である)。どうやら海外では酒に漬けて薬用として飲む場合もあるようだ。

またトリップを楽しみたい場合の調理方法の諸注意や、どれだけ食べたら死ぬかの本数の目安まで掲載されている。症状としては失調・昏迷・錯乱・幻覚・麻痺など。

「人を苦しめる植物」

「ジャガイモ」
様々なものに加工され皆に愛されている「ジャガイモ」。去年の台風の影響で今年はジャガイモの収穫が減り、ピザポテトなどが店頭から消えてしまった。

そんなジャガイモであるが、入手方法はやはりスーパーである。値段もしっかり記載されていて面白い。
また栽培するならスーパーのジャガイモではなく、園芸店で販売されている「種芋」にせよとのアドバイスも嬉しい。栽培方法に関しては「小学生の時のことを思い出せ」と一言。しかし、多くジャガイモを収穫するためのコツなども記載されており、自宅でジャガイモを栽培しようと言う人は一度読むべき本だろう。

ジャガイモの芽が毒だ、という話は皆知っていることだろう。しかし奥井氏が警告するように、ジャガイモの芽の毒性を熟知している人は少ないのではないだろうか?
保有する毒の成分はソラニン。主にジャガイモから出る芽に含まれている。その中毒症状は恐ろしく、嘔吐・下痢・食欲減退・呼吸困難・昏睡などから死にいたることもある。

この問題の「芽」であるが、ずぼらな人なら経験があるかと思うがほったらかしにしておくと勝手に生えてくる。なので容易に採取できる。 また、日光に良く当てるとよりよいソラニンが形成されるらしい。だが安心して欲しい。ソラニンは熱で簡単に分解されてしまうのだ。

「個性的な毒を持つ植物」

ここでも様々な植物が紹介されている。
驚きなのが「ポインセチア」の発がん性というもの。茎や葉を傷つけたときに出る白い乳液に「フォルボール」が含まれているとのこと。

この「フォルボール」は水ぶくれや炎症を起こすだけと考えられてきたが、研究の結果発がん性作用があることが判明したそうだ。理論的には「焦げた焼き魚を食べた後、デザートにポインセチアを食べればガンになる」とのこと。

「毒草栽培のための知識と設備」

本書の最大の見どころであるのがこの章だ。
私は現在市販の種からアボカドを育てている最中なのだがこの章の内容は非常に役に立つ。奥井氏の植物栽培への情熱が見てとれる。

特に「用土の種類と特徴」は必見だ。8ページに渡り、土の成分から利点と欠点をあげ組み合わせなどを書き連ねている。さらに市販されている培養土が植物に合っているかどうかきちんと調べることと読者には念押し。オリジナルの培養土の作り方なども載っており園芸初心者には非常にためになるものである。

また植物の病気やその対処法、害虫駆除の方法も細かく記載されている。

「毒草を利用する」

利用方法についても勿論記載がある。
利用するための抽出方法や作成方法(煎剤・青汁・酒剤・浸剤・散剤・塗布剤・入浴剤)などであるが、その作業の時の注意点も細かく書いてあり、面白く読める。

オススメ度

オススメ度★★★☆☆
面白さ★★★☆☆
by カエレバ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
blogramのブログランキング


GAPAKU3298_TP_V
昨今誰もが気軽に小説を書ける時代になった。ネット上にも小説やSSが溢れ、さらにはそこから商業作家へとデビューしていく人もいる。

だが小説を書こうと思っても、何を書けばいいのかわからない、どう書いたらいいのかわからない、そんな人も多いのではないだろうか?

今回はそんな人に役立つ小説指南書を紹介していきたいと思う。少しでも役に立てば幸いだ。

目次

  1. 「物語の体操」大塚英志
  2. 「ミステリーの書き方」 日本推理作家協会編
  3. 「売れる作家の全技術」 大沢在昌
  4. 「小説の技巧」 デイヴィッド・ロッジ
  5. 「場面設定類語辞典」 アンジェラ・アッカーマン+ベッカ・パグリッシ
  6. まとめ

「物語の体操」大塚英志

物語の体操 物語るための基礎体力を身につける6つの実践的レッスン (星海社新書)

大塚 英志 講談社 2013-08-23
売り上げランキング : 68423
by ヨメレバ
元朝日文庫から出ていた「物語の体操」を星海社新書から新しく刊行。
本書の最大の特徴は「課題形式」にある。ただ読むだけではなく、こちら側も出された課題をこなす必要があるのだ。

第1講ではいきなり「プロット100個作成」という課題を突き付けられる。しかしその作成に至るまでの手順、さらには裏ワザを教授してくれているので、初心者にはありがたい本だろう。

その後もレッスンが続くのだが、全ての課題をこなし終わった後には自分自身の成長を実感できるはずだ。

この本は初心者にオススメだ。
特にどう書いたらいいかわからない・話が作れない・話に矛盾が出るという人はこの本を熟読すると良い。

「ミステリーの書き方」 日本推理作家協会編

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)

日本推理作家協会 幻冬舎 2015-10-08
売り上げランキング : 10611
by ヨメレバ
総勢43人もの現役作家が自身の執筆方法や、アイデアの構想方法などを披露する。
「ミステリーの書き方」と銘打っているだけあって、内容はミステリーに特化しているが、「小説を面白くする方法」や「プロットの作り方」「セリフ回し」などはどのジャンルにも共通することが書いてあり大変参考になる。

また、アイデアの発想方法、伏線の貼り方、トリックの仕掛け方などなど作る側にも読む側にも興味深い内容となっている。

さらに有難いことに、巻末には「ミステリーを書くためのFAQ」まで設けてあり、書き手が一度は思うであろう疑問や不安が箇条書きで一覧になっている。気になった時はすぐ探せるのはありがたい。

この本は初心者~中級者向けだ。
小説を書いているということが前提になっている。しかし書く際には非常に参考になること間違いない。ミステリーを書くなら必須級と言える。

「売れる作家の全技術」 大沢在昌

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない

大沢 在昌 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-08-01
売り上げランキング : 22750
by ヨメレバ
小説・野生時代誌上にて連載していたものが本として刊行された。
作家てこんな仕事なんだ!ということも分かる非常に良い本となっている。作家を目指すのであればもう既に作家の懐事情や出版業界の今なんて分かりきっていると思うが、この本を読んで改めて「それでも自分は作家になりたい!」と思える人は作家への道は開かれるだろう。

この本はとにかく非常に丁寧でわかりやすい。
初心者がやりがちな失敗を例を見ながら追えるというのも有難い。特にキャラクターの作り方や会話文の秘密、文章と描写力を磨けなど適切なアドバイスが多い。

本書の中で大沢氏が何度も言うことは「本を読め!」と「小説にはトゲが必要」の二点だろうか。
特にミステリーを目指すのであれば1000冊は読む必要があるとのこと。その通りだ。読書は書くための準備運動、筋肉作りなのだ。読書をしない人間がデビューをしてもすぐ消えていなくなるのはもう分りきっている。

この本は初心者から中級者向けだ。
本気で作家を目指すのであれば一度は目を通しておきたい本だろう。

「小説の技巧」 デイヴィッド・ロッジ

小説の技巧

デイヴィッド ロッジ 白水社 1997-06
売り上げランキング : 39313
by ヨメレバ
小説にはどんな技法・技巧が使われているのか?それを例文と共に詳しく解説したのが本書だ。
書き出しから始まり結末まで実に50もの技巧が紹介されている。

特に作家を一番悩ませるとも言われる「書き出し」、ただの説明になってしまい、場を停滞させがちな「人物紹介」は熟読すべきだろう。

また、なかなか日本では使われない技巧も多いので、それを自分の小説の中に生かすにはどうしたら良いか?などを考えながら読むと一層自分のためになるだろう。さらにこの本自体が優れた本の紹介本とも言える。例文にある小説は殆んど有名作ばかりなので読み漏れが無いようにしたい。

この本は上級者向け。
今のままでは駄目、もしくはより上を目指したいという人にお勧めだ。

「場面設定類語辞典」 アンジェラ・アッカーマン+ベッカ・パグリッシ

場面設定類語辞典

アンジェラ・アッカーマン,ベッカ・パグリッシ フィルムアート社 2017-04-25
売り上げランキング : 203
by ヨメレバ
今年の4月28日に出たばかりの本がこちら。
「辞典」と銘打ってあるが、読み物に近い出来である。とにかく「設定」の重要さ、大切さを説く。この本ははっきり言って紹介したくはなかった。それほどこの本が手元に有るか無いかで小説の出来、面白さが違ってくる。見せるべきか述べるべきかなど、とにかくそれぞれの「設定の繫がり」を重要視し、豊富なアドバイスを提示してくれている。

後半部は郊外と都市とに分かれ、五十音順に場面が紹介されている。さらにその場面ではどんなことが起こり得るか?またどんなものがあるか?匂いは?など見落としがちな要素、また何か謎に繫がる要素を箇条書きでまとめてくれている。さらにその場面設定で得られる効果、設定のヒントなども載っており読んでいるだけで物語が頭の中に湧いてくるようだ。

巻末にはエクササイズやプランニングツールもあり、創作する際に役立つはずだ。

この本は初心者から上級者までほぼ必須と言える。
読んで楽しい、作って楽しい、創作の醍醐味が味わえる。

まとめ

どうだっただろうか?
今日紹介した本以外にも様々な本があるが、まずは気に入ったものを読んでみて、小説創作を始めたり自身のレベルアップに繋げてほしい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
blogramのブログランキング

↑このページのトップヘ