この本読んどく?

オススメの小説や書籍、簡単料理のアレンジレシピまで幅広く紹介!

カテゴリ:料理 > おかず

N612_misotodaizu_TP_V
当時、陣中食として重宝された「味噌」
最近では美容や病気予防に味噌が良いという話もあり、その力が再注目されている。

そんなわけで今日は焼き味噌を作ってみようと思う。




目次

  1. 「家康」と「焼き味噌」の真実
  2. 焼き味噌を作ってみる!
  3. 実食

「家康」と「焼き味噌」の真実

味噌自体の持ちも良く、溶かして飲め、焼いて食べれる。さらには肉や野菜につけても食べることができた味噌は大変重宝された。

だが、今「焼き味噌」と聞いてまず最初に「家康!」と頭に浮かんだ人も多いのではないだろうか?
しかしながらこれは「山岡荘八」の創作である可能性が高いそうだ。
良く言われているのが対武田戦・三方ヶ原での敗走時に山県昌景に追い立てられ、恐怖のあまり漏らしたものを家臣の大久保忠世がからかい、家康が「これは焼き味噌だ!」と言いかえした話だ。
だがこれは山岡荘八以前の資料には見られないことらしい。司馬史観の影響力もそうだが(坂本竜馬とか)小説家の恐ろしさを垣間見ることができる。

が、三方ヶ原ではなく「一言坂の戦い」の段に怪しげな文章がある。
そこには上と同じようなやりとりが記されているのだが、その文章の終わりに「その日は出陣していなかったので、逃げるようなことはなかったはずだ。こんな妄言は削っておく」と一言添えてある。まるで「検閲により削除」を髣髴とさせる文章だ。

そう考えると一言坂でのエピソードを転用しただけで、実際は漏らしていた可能性も否定できないようである。この対武田撤退戦は様々なエピソードがあり大変面白いので調べてみて欲しい(茶屋の婆とか)

焼き味噌を作ってみる!

焼き味噌を作るたってただ焼くだけじゃないんかい?
そう思って調べてみると、確かに焼くだけの兵士が多かったが、中には葱や胡麻、生姜などをまぜて焼いていた例もあるようだ。確かにそっちの方が焼き味噌らしい。それにより美味しそうなので今回はそれで作ってみよう。

手順は簡単。
胡麻油をしいたフライパンに刻んだ生姜・葱・胡麻を入れて炒め、火が通ったら味噌を投入し、しばらく炒める。味噌にある程度火が通ったら、しゃもじに塗りつける。それを直火で焼いて完成だ。

実食

完成したものがこちら。
DSC_0113
味噌が焦げた香ばしい匂いと、生姜と葱の香、そこに仄かに甘い匂いが混じり大変食欲をそそる匂いだ。ただ焼いてあるので、水分がとんだ分味は濃い。信長が好きだったというのも頷ける。濃い味の中に生姜のアクセントが効いている点はポイントが高い。白いご飯と日本酒、どちらかが欲しくなる味だ。一度ぜひ作ってみて欲しい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
blogramのブログランキング


他のインド料理はこちら
・チキン65地獄へようこそ ~ハマるインド料理~
MI953DSC_8342_TP_V
そんなわけで前回はチキン65(シックスティファイブ)を作った。

今回はインド料理といえばやっぱりコレだ!という「タンドリーチキン」を作ってみようと思う。
もちろん、タンドールは無くても作れるんで安心して下さい!

目次

  1. タンドリーチキン ~カレーに良くあう美味い彼~
  2. 材料の準備
  3. 作ってみよう!
  4. 食す!

タンドリーチキン ~カレーに良くあう美味い彼~

タンドリーチキンとの出会いもやはり大阪のカレー屋である。インド料理の虜になった私はその後いくつかのインド料理屋に行くことになるのだが(なぜかどこも薄暗い)最初に食べた店がやはり一番美味いと感じた。

どの店も同じだろうと思われるかもしれないが、やはり違う。最初の店は赤色が強く出ている店だったのだが、以降の店はそれほど色には無頓着だ。香辛料そのままの色で出てくる。主に黄色っぽい。

そして味なのだが、私が「タコス」好きなこともあってかわからないが、最初の店はタコミートに近い味を感じた。他の店は下手をするとただのカレー味の鶏肉という場合があった。

そんなわけで今回作る「タンドリーチキン」は最初に行った店の味に近いものを作ろうと思う。

材料の準備

〈材料四人分〉
・鶏もも肉……500~600g 
※厳密には「骨付き」の物を「タンドリーチキン」と言うそうです! もちろん骨付きでもOKですが今回は骨なしで作ります

・プレーンヨーグルト……100g

・各種スパイス
ターメリック、カイエンペッパー、パプリカ、クミン、コリアンダー、ガラムマサラ、シナモン、カルダモン

・ニンニク、ショウガすりおろし

作ってみよう!

①下処理
鶏肉の皮をはぐ。その後白い筋をとる。
そしてすりおろした玉ねぎに30分~1時間ほど漬けておく。
時間が経ったら鶏肉を取り出し両面に切り込みを入れ(大体1.5cmぐらいの幅で)塩・胡椒をふり、レモン汁を万遍なくふりかけ揉み込む。

②つけこむ!
ボールの中にプレーンヨーグルトをイン。
そして各種スパイス
・ターメリック 小さじ1
・カイエンペッパー 小さじ2
・パプリカ 大さじ2(赤い色を出す)
・クミン 小さじ1
・コリアンダー 小さじ1
・ガラムマサラ 小さじ2
・シナモン 小さじ1
・カルダモン 小さじ1
を入れ、そこにすりおろしたニンニク・ショウガを(チューブでもOK)1cmほど投入し、よくまぜ合わせる。ヨーグルトの色が完全に変わったら鶏肉を投入。つかっていない部分が無いようにし冷蔵庫で最低6時間~1日ほど寝かす。

③焼く!
つけておいた鶏肉を取り出し、クッキングシートを敷いた天板の上に並べる。230度ほどに熱したオーブンで25分~30分ほど焼いて完成!
※使っているオーブンとの相性があるので、そこは適宜変更してみて下さい。私の家のオーブンで焼く場合のおおよその時間と温度となっております

食す!
タンドリーチキン
こんな感じで完成です!
やはりもう少し赤みが欲しかったですが味は良し!カレーとも白米とも相性ばっちりです!
ぜひお試しあれ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
blogramのブログランキング

ニワトリ
インド料理には美味しいおかずがたくさんある。
シークカバーブやプロウンマサラ、そして一番有名なものがタンドリーチキンだろう。

しかしながら「チキン65」という名の料理があることをご存じだろうか?
この「65」まで含めて正式名称となるこの不思議な名前の料理のレシピを今日は紹介していこうと思う。

目次

  1. そもそも「チキン65」って?
  2. さっそく「チキン65」を作ってみた
  3. 食す!

そもそも「チキン65」って?

この某アイドルグループっぽい料理だが正式名称である。南インドで多く食されるこの料理。

ざっくり言ってしまうと「インド版から揚げ」である。しかしながら、そこはやはりインド。香辛料がふんだんに使われていて、とてもスパイシーだ。だが一度食べてしまうとやみつきになるのは間違いない。

私は大阪のカレー屋でこの料理に出会った。しかし一度食べて以来、この味が忘れられず試行錯誤の末、ようやく納得のいくレシピにたどり着いた。

ちなみにこの「65」だが、由来は諸説ある。
・ホテルのメニューに加わったのが1965年だからというもの
・65種類の唐辛子を使用するため
・生まれてから65日目の鶏肉を使うため などなど様々だが本当の理由は不明らしい。

さっそく「チキン65」を作ってみた

(材料・四人分)
鶏肉300g(部位はお好みで!今回は手羽を使用しました)
おろしニンニク……小さじ1
おろしショウガ……小さじ1
片栗粉……小さじ1
ニンニク、ショウガ……1~2かけ
唐辛子……2~3本(各自の好きな辛さに調節)
―スパイス―
クミン・カイエンペッパー・パプリカ・胡椒……好みの匂いを追及するのが吉
今回はカイエン……小さじ1
パプリカ……小さじ2(赤みを濃くしたかったため)
クミン…小さじ1
粗挽き胡椒……小さじ2
トマトピューレ……(大さじ3~4 肉の分量、大きさで加減 ケチャップ可。)
という感じで作りました。

①下ごしらえ
鶏肉を30分ほど塩水につけて臭みをとる。さらにジューシーさUPを狙う。(ここに玉ねぎのすりおろしを一緒に入れるとさらに効果アップ!

②鶏肉の水気を取ったら塩・胡椒で下味。
この時両面忘れずに!

③大き目の皿に卵・おろしニンニク・おろしショウガ・片栗粉を混ぜる。
※片栗粉は最後に投入!だまにならないように注意!

④揚げ
②を③に入れ、高温の油で揚げよう!中まで火を通すことを忘れずに!表面の色はお好みで。

⑤炒め
フライパンに油をしき、刻んだニンニク・ショウガ・唐辛子を炒める。さらにスパイス・塩・砂糖を入れ炒める。
※唐辛子やスパイスは焦げやすいので火加減に注意!

⑥絡める⑤にトマトピューレを投入し水分が無くならないよう水を少量入れ、混ぜる。全体が混ざったら④を投入。トマトと鶏肉を絡める。お好みで刻んだパクチーや香菜を入れるとなお良し!

食す!

完成したのがこちら!チキン65

トマトの甘さ、香辛料のスパイシーさ辛さが絶妙のハーモニーを生み出します。
ごはんやお酒のお供にもってこい!の味になっております。インド料理だからって何もカレーのお供だけってわけじゃあありません!(もちろんカレーにもあいますが)

普段のから揚げに飽きたときにももちろんOK!ぜひお試しあれ!
きっと「チキン65」の美味さから抜け出せない「チキン65地獄」にはまり込むだろう。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
blogramのブログランキング

↑このページのトップヘ